第186話 兵法家伝書 無刀

引くも兵法。
かじです、こんにちわ。

無刀取り
賢明なみなさんは真剣白刃取りとは違う事はお分かりだと思います。

人の刀を取る事でも無く

人の刀を取って見せる芸でもなく

人が刀を持った時に自分は素手で対応することを言う。
要は切られない間合いをとらえて相手に切られないようにするものらしいです。

水戸黄門の助さん角さんの戦ってる感じなのかなぁと思ったりしています。

Google先生に真剣白刃取りを聞いてみると胡散臭そうなものばっかり出て来ました。
参考にしないほうがいいと思いますよ。

我が刀なき時、人にきられじとの無刀也。

終わり良し

 

第185話 不動智神妙録

喉元過ぎた。
かじです、こんにちわ。

今回も長いと読んでくれなさそうなので適当に短くします。

不動智神妙録(ふどうちしんみょうろく)

沢庵(たくあん:たくあん漬けのたくあんです)という禅僧が書いた書物で、剣法と心について書かれています。
題名にあるように、不動心ってやつです。

徳川将軍家の剣術師範・柳生宗矩に渡されました。

石や木の様な不動ではなく、動きながらも何物にもとらわれない心を不動智というらしいです。

誰かに呼ばれて振り返るとき、「呼んだのは誰だろう?」とか考えていると、その隙に打たれる。
とっさに応えるだけで何も考えない方が心をどこにも置かずいつでも対応できる。
上手にやろうとしてやるのではなく、何の心に止まるでもなく独りでになっている状態が最高である。

らしいです。

”心こそ 心迷わす 心なれ 心に心 心ゆるすな”

何やら手の内の自然に握るに似ている気がします。

「平常心をもって一切のことをなす人、是を名人と云ふ也」兵法家伝書

柳生新陰流も学ぶところが多いですね。

終わり良し

 

第175話 志を奪うべからざる

髭剃るの忘れました。
かじです、こんにちわ。

「猫之妙術」 という武術の文書があります。
詳解田宮流でも一部が紹介されています。
コラムは長いと読んでくれなさそうなので、さらに手短に解説しますね。

あらすじは主人公の家のネズミを捕まえようとしたけどなかなか捕まえられず、老いた猫が簡単に捕まえてしまった。
その事から主人公が老いた猫に教えを請うという物語です。
教えを請いているんで、この猫しゃべります。

古猫の教えは
「所作を学ぶのは道筋を分かるためであって、所作のみにこだわっていては技量が優れている者に負ける。
工夫して気力を養わなければならない。」
ということです。

ものすごい端折りましたが主旨はこんなところだと思います。
大変参考になる文書で、結構おもしろい話ですので一度読んでみてください。
(古文体で結構長いです。)

心に迷いなく波一つない状態になれば敵も味方もなく一体となる。
敵味方などの区別は自分の心が作り出すもの。
『詳解田宮流』

三軍も帥を奪うべきなり匹夫も志を奪うべからざるなり「論語」
(まとまっていない大軍は、その総大将を討ち取ることができるが、たとえ身分の低い男でも、意志が堅ければ、その志を変えさせることはできない。)

今回は古文が多かったですね。

匹夫って私の事ですか??
大した志無いんですけどね。

終わり良し

 

第174話 木鶏に似たり

意気消沈
かじです、こんにちわ。

荘子(道教の思想家)の書いた文献のなかに有名な一節があります。

「鶏鳴者有と雖ども、已に変ずること無し。
之を望に木鶏に似たり。
其徳全し。異鶏敢て応ずる者無く、反りて走る、と。 」

もう少し話は長いのですが、終わりのところだけ紹介しました。
興味がある方はネットで検索してみてください。

要するに、強い鶏は敵に対して動じない。何もしなくても敵は逃げてしまう。ということです。

敵に相対するときに心を動かさないという境地を示すものです。
こうなるように修行しましょうってことですね。

故・持田 盛二(剣道範士十段)が以下のように言っていたのを過去のコラムで取り上げています。
「70歳からは身体全体が弱くなるから心を動かさないよう修行した。
心が動かなければ相手の心がこちらの鏡に映ってくる。」

未だ木鶏たりえず。

終わり良し

第166話 兵法三大源流

自宅の芝も青いのか。
かじです、こんにちわ。

古流ってどこから古いと呼べるのでしょうか。
だれか明確に答えてもらいたいものです。

剣術の流派っていつぐらいから出たのでしょう。
Wikiによると
『念流』  『神道流』  『陰流』
が兵法三大源流というそうで、室町時代ぐらいに興ったようです。
ちょうど刀や槍、薙刀など武器が日本独自に進化を遂げた盛りと一致するのでしょうか。

調べだしたらきりがなかったのでやめときました。

現在、流派は数多ありますが、元をただすとこの3つのどれかにたどり着くということみたいです。

まあ、ある意味人類みな兄弟な感じですかね。

今は平和な世の中なので流派同士、切磋琢磨していけばいいと思います。

流派がどんどん派生していったのは、何も喧嘩別れしているわけでもなく、暖簾分けみたいな感じが多いと思います。

今の時代、流派がさらに派生するとは考えられないですが、ちょっとの昔までは失伝したり興ったりしていたんですよね。
・・・現代でも実質上、別れているものもあるみたいですけど。。。

居合ってマイナーな武道ですが、居合の未来はどこにあるのでしょうか。

終わり良し

第136話 日本武道館

結局は損得勘定なんですよね。人の世って。
かじです。こんにちわ。

日本武道館はみなさん御存じだと思います。
日本武道館はご存じでも「財団法人 日本武道館」は詳しく知らないのではないでしょうか。
私も知りません。

日本武道館っていろいろやってるんですね。
大きく分けて以下の2つ。のような気がします。

1.武道振興事業
2.武道学園

あとは
1.書道事業
2.出版事業

とか書いてましたが書道っていうのはどうなんでしょう。
興味が無いので読みません。はい。

武道振興事業はご想像の通りだと思います。
古武道を保存するための事業だったり、武道の講習会を開いたり。
武道大会とか海外への研修とかもやってます。
武道も立派な輸出品ですね。

武道学園は、
柔道
剣道
空手道
合気道
少林寺拳法
薙刀
杖道
が学べるみたいです。
見学できるようです。一度行ってみてはいかがでしょうか。

いまさらですが、少林寺拳法って日本で作られたものなんですね。
ベースは中国の少林拳みたいです。

日本武道館、何かのイベントやコンサートでしか行ったこと無い方が多いのではないでしょうか。
古武道大会とか面白いですよ。

 

第126話 武の七徳

今年はまだ1件も忘年会に誘われていません。
かじです、こんにちわ。

コラムも数年やってると、以前書いた記事を忘れます。
被ってたらごめんなさい。

剣の五徳、五倫五常は以前コラムで書きました。
その時のコメントで武の七徳というのが出て来ましたのでそれに触れたいと思います。

春秋左氏伝という中国の重要な歴史書に『武の七徳』というのがあります。

暴を禁じ :武力行使を禁じ
兵をおさめ :武器をおさめ
大を保ち :国を保全し
功を定め :君主の功績を定め
民を安んじ :民衆の生活を安定させ
衆を和し :民衆を仲良くさせ
財を豊かにす:経済を発展させる

『武』という漢字は、戈を止めると書くとよく聞かされていると思います。
諸説ありますが、聞こえがいいのでこの説を通すとして戦いは嫌われるというのが儒教の国にあるようです。

武器を納めますが、武器を捨てろとは書いてません。
武力行使はしませんが、武力を捨てろとは書いていません。

武について考えてみませんか。

 

第124話 稽古とは

稽古場横綱にもなれません。
かじです、こんにちわ。

今まで触れていそうであまり触れていなかった稽古について。

稽古を辞書で調べると、練習に同じという広義の意味もあります。
ですが一般的には稽古とは親方や師匠がいる武道や芸能などを学ぶことを言っているようです。
もとは『古事記』にある「古(いにしえ)を稽(かんが)える」という文から来ているそうです。

当会代表がいつも稽古について言っていることがあります。
「稽古とは人の稽古を見ること」

人の稽古法や所作、動作を観察し、どうすれば良いかを考えて自分に置きかえる。
自分の練習だけやってあとはぼーっとしているではいけません。

また、上手な人の稽古を見ることが大切だと思います。
先生の稽古、動作を見ることで正しい動作を学びましょう。

当会は横つながりといいますか、仲間同士で教え合うというとてもいいところがあります。
先生からだといつも言われているのであまり印象に残らない場合などがありますが、仲間から言われると強く印象に残る時があります。
上記のような場合は効果的ですが、デメリットが無いわけでもありません。

同じぐらいの力量だと、指摘されてもその力量の範疇でしか責任力みたいなのがありません。
疑問点などは先生や上位者に聞いてしっかり正しい知識を得なくてはいけないと思います。

一より習ひ十を知り 十よりかへるもとのその一

また初心に帰って稽古しなおします。