第234話 相撲

ごめんなさい。
かじです、こんにちわ。

 

塾で腕相撲をしました。
まさかの1敗を喫し、リベンジを誓いました。

 

相撲っていっぱいありますよね?
腕相撲
紙相撲
指相撲
大相撲

そんな相撲ですが、歴史は非常に古いようです。
古代からおこなわれていたようで、埴輪などにもその様子が描かれているそうです。

相撲といえば四十八手って言われてますよね?
Wikiを見たら
『大相撲協会が82の技名と技でない決まり手5(勇み足など)を決めており、そのどれかに分類される。』
とありました。
結構あるんですね。

 

 

だいぶ間が開くようになってしまいました。

 

終わり良し

 

「第234話 相撲」への2件のフィードバック

  1. わたしのばあいはひとり相撲。

    息はあがって、目はくらくら・・・。

    いつまでたっても治りませんなぁ・・・こまったものです。

    かじ先生。
    中学生に負けちゃだめでしょう。
    昔を思い出して、ハイポートでもやって鍛えなおしてください。
    わたしはバディにはなれないけど、陰ながら応援しております。

    1. ひとり相撲

      うまいこと言いましたね。

      いやいや、ほんと負けると思いませんでした。
      元軍人が情けないです。

      次は勝ちにこだわりますよ、勝ちに。

      ハイポート、よくご存じで。
      あなたの心のバディです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください