第229話 蓮馨寺と林崎甚助重信

最近筆が進みません。
かじです、こんにちわ。

埼玉県川越市にある蓮馨寺(れんけいじ)の境内に、林崎甚助重信の記念碑があるそうです。

365回忌の記念碑で、昭和57年に建てられたとのこと。木製なので今は文字も読み取り辛く存在自体が風化しているようでした。

林崎甚助重信の晩年は不明で、川越に寄ったことがあるとされています。

蓮馨寺との関係ははっきりしないのですが、「居合道虎の巻 四」に興味深い事が書いてありました。

”インターネットの情報から、蓮馨寺と林崎甚助重信は無関係かもしれない”というのを掲載していました。

それについて意見を書いていましたが、インターネットに書いてある情報がどんなものかは知りませんが、まともな情報源で無いかぎりそんなもの真面目に意見するべきものではないですよね。
というより「情報元がインターネットかよ!」とツッコミを入れたくなります。

まあ、ネットでも確かな情報であればいいんですけどね。

話はそれましたが、林崎甚助重信、もう少し知って置きたいですね。

終わり良し

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください