第179話 基本は同じか?

勇み足。
かじです、こんにちわ。

違いはあれど、基本は同じ。
というのは良く聞きますが、基本からして違う事もままあることです。

剣道と居合、同じ剣の道ですが異なる点があります。
剣道=押し切り
居合=引き切り
などは初めに気づく事だと思います。

剣道は刀を抜いた状態で相手と向かい合い
居合は鞘の内

足さばきも剣道と居合では随分違います。

刀の振りかぶりなどは剣道と居合で違うばかりか、居合でも流派で違ったりします。
同じ刀を使う武道でも使い方といいますか、やり方が違う。
それぞれに言い分があって、どちらが正しいとかは言えないですが、いろいろ聞くと混乱してしまいますね。

どこでもそれぞれもっともらしい理由を言っていますから何も知らなければそれを信じるわけですよね。
まあ、反論したところで不毛ですし。

理論が相反する武道を両方習うとどうなんでしょう。
体に覚えこませるものなので、より覚えている動きになってしまうはずですよね。
剣道っぽい居合、居合っぽい剣道。ちょっと極端ですけれど。
違いも体に覚えさせれば良いってことなんでしょうけど、何か疑問が湧いてきそうな気がします。

でも疑問って偉くならないとなかなか外に発信できないですよね。

世の中疑問だらけです。

終わり悪し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください