第255話 日本刀について 復活

先日の「居合用語辞典」に続き、「日本刀について」が復活しました。

だいぶ多くのコンテンツが残っていたのだなぁと我ながらに関心しました。

昔のサイトが故障してから、だいぶ長い年月を経ての復旧です。

 

第253話 第44回水鴎流古伝武道大会

今年も家族総出で参加してまいりました。

いつもながら素晴らしい大会でした。

今回は初戦敗退で課題が多かったですが、悔いのない試合でした。

来年また頑張ろうと思います。

 

第252話 秋の審査会

2018年10月7日(日)、県立武道館にて五段以下審査会が行われました。

当会からは10名ほどが受審し、見事全員合格されました。

 

私が指導している二人も無事合格し、安心したところです。

高校受験や大学受験も同じですが、教え子が受験・受審するのはドキドキするものです。

当会会長の気持ちが少し分かった気がしました。

今回の審査について以下のようにまとめられていました。

級・段位 受審者数 合格者数 合格率
一級 33名 33名 100%
初段 49名 49名 100%
二段 52名 52名 100%
三段 20名 20名 100%
四段 16名 10名 62.5%
五段 20名 14名 70%

ついでに合格者一覧

今回の合格率は非常に高いです。

受験番号は年齢順です。
後半の合格者が多いですね。

 

受審者のレベルが上がったのでしょうか。
そういうことにしておこうと思います。

終わりよし。

第251話 審査の合格率

4月に行われた神奈川県の審査会結果
一級 26名 26名 100%
初段 44名 44名 100%
二段 41名 41名 100%
三段 16名 16名 100%
四段 23名 16名 69.6%
五段 15名 6名 40%

三段までは100%。
みなさんがんばりました。

ところで、剣道はどうでしょうか。

どこかのサイトにまとめられているので記載します。
初段 80 ~ 90%
二段 60 ~ 70%
三段 40 ~ 50%
四段 30 ~ 45%
五段 20 ~ 30%
六段 10%
七段 8 ~ 10%
八段 1%未満

 

多少、剣道の方が厳しいようですね。

居合は高齢者の合格率が高いですが、剣道は高齢者でもあまり容赦しないようです。

 

全員が合格するレベルに達していればいいわけですから。

 

終わりよし?

第250話 神奈川県居合道大会

今年は更新が減ってしまった。

 

先月、神奈川県居合道大会がありました。

私は今年も1回戦で敗退してしまいました。

また反省してやり直しです。

 

当会からは4段と2段で準優勝が出ました。

 

だんだん私の存在感が薄くなっている気がします。

 

やっぱり稽古量の多い学生が上位に来ますが、中間の私のような年齢は微妙です。

試合で勝つことは意識していませんが、足りないものがあるのだろうと反省します。

 

しかし、いつも初戦敗退は嫌になってきますね。

私なりに頑張っているんですがね。

第249話 第43回 水鴎流古伝武道大会

俺だって。
かじです、こんにちは。

9日、今年も参加してまいりました。
水鴎流古伝武道大会。

いろいろな流派の演武が見れるので楽しみにしています。
もう今年で5回目ぐらいだったかな。参加する面子も覚えてきたとともに、みんな年取るなぁと思いました。

今年は私の息子が初参加です。
古武道大会の初陣ですが、なんとか初勝利をいたしました。
ビデオカメラの充電が切れたというアクシデントもありましたが、息子の勝利に満足しました。
自信がついたのではないかと思います。

当会からは4段の部で優勝者が出ました。
常連なので驚きは無いのですが、やはりすごいものだと感心しました。

今回は自分の演武をビデオに撮ってもらいましたが、課題が見つかってよかったです。

古流を抜くことが少なくなってきているので、このような機会は貴重です。

古流の今後はどうなのか。
終わりよし。

第248話 審査会

不撓不屈
かじです。こんにちは。

10月1日、神奈川県で5段以下審査会が行われました。
当会からは1級が5名、初段が3名、4段が1名、5段が1名、それぞれ受審しました。

高段位は残念な結果となってしまいましたが、また頑張ってくれることと思います。

高段位の合格率は半分行かないぐらいだったと思います。
若い人たちは苦戦しているようでした。

高段なので難しいのは当然の結果です。
難しく無いと意味もありません。

私も5段に2回不合格になっております。
単に稽古量が少なかったのだと思っています。

私にとっては段位取得が目的ではありませんが、不合格には人知れず涙しました。

今回、私の息子が初段に合格しました。
中学1年生で受験者の中では最年少でした。

私の方が緊張して、朝5時半に起きてしまいました。
そこから息子の袴や胴着にアイロンをかけてほこりを払い、丁寧にたたんで準備しました。

ビデオ撮影していたのですが、ドキドキして最後の礼式が終わるまで不安で仕方ありませんでした。

合格祝いではありませんが、短くなった居合刀の代わりを購入し、絹の下げ緒を買い与えました。

息子がどこまで続けるかわかりませんが、続ける限りは応援したいと思います。

変な話ですが、やはり息子には勉強でも居合でも剣道でも厳しくしてしまいます。
それだけ結果が付いてくるのですが、本人は楽しめているのかはわかりません。

他人に教える時はソフトに教えますが、今度は結果が付いてきません。

優しく教えて結果が出せればいいわけですが、まだまだその域には達することが出来ません。

何が正解なのかはわかりませんけどね。

終わりよし

第247話 神奈川県居合道大会

うーん・・・
かじです、こんにちは。

25日(日)に神奈川県居合道大会が開催されました。
私も出場しましたが、残念ながら1回戦負け。

ここ数年、ずっと負けています。

まあ、稽古不足ということで。

今回は会場係として働きました。
取りまとめということで、ちょっと忙しかったです。
試合の順番を一つ飛ばしてしまいました・・・かなり焦った。

会場運営って大変なんですね。

神奈川も他府県から集まるような大きな大会になるといいですね。

終わりよし。

第246話 東北居合道大会

惨敗です。
かじです、こんにちは。

5月28日、東北居合道大会に出場してまいりました。
子供の運動会後に車で新潟まで走っていきました。

300㎞移動の末、初戦敗退。
まあ、良い経験になりました。

居合の反省はさておき、出場者の顔ぶれに感心してしまいました。

北は北海道から南は鹿児島まで。
遠路はるばるいらっしゃる。

神奈川県からも良く見た顔ぶれがたくさん。

とても熱心にやっているんだなぁ。と思い、私もがんばろうと思いました。

当会からも6名?ほど参加しました。
結果は置いといて、今後も楽しみです。

また来年がんばります。

終わりよし

第245話 こどもの日と柏

八段審査ですか。

かじです。こんにちは。

 

今日は子供の日ですが、柏餅を食べますよね。

軽く説明すると、

カシワの葉を用いた柏餅は、江戸時代中ごろに江戸で生まれ、カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだものとされる。

らしいです。

ちなみに

「柏」の字は本来はヒノキ科の針葉樹コノテガシワを指す漢字で、コノテガシワは柏餅に使う葉とは全く異なる。柏餅に用いるブナ科のカシワには、厳密には「槲」の字を使うのが正しい。

だそうです。全然違う葉っぱですね。

児手柏(このてがしわ)という日本刀がありまして、表裏の波紋が違うことから名づけられたそうです。

 

柳生新陰流の技にも児手柏というのがありまして、前後の敵を切る技です。

表と裏が違うことに由来するのでしょうか。

居合にしては手数が多いので見ごたえあります。

 

剣道の八段審査がありましたが、合格者が1%未満でしたね。

 

終わりよし