第245話 こどもの日と柏

八段審査ですか。

かじです。こんにちは。

 

今日は子供の日ですが、柏餅を食べますよね。

軽く説明すると、

カシワの葉を用いた柏餅は、江戸時代中ごろに江戸で生まれ、カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだものとされる。

らしいです。

ちなみに

「柏」の字は本来はヒノキ科の針葉樹コノテガシワを指す漢字で、コノテガシワは柏餅に使う葉とは全く異なる。柏餅に用いるブナ科のカシワには、厳密には「槲」の字を使うのが正しい。

だそうです。全然違う葉っぱですね。

児手柏(このてがしわ)という日本刀がありまして、表裏の波紋が違うことから名づけられたそうです。

 

柳生新陰流の技にも児手柏というのがありまして、前後の敵を切る技です。

表と裏が違うことに由来するのでしょうか。

居合にしては手数が多いので見ごたえあります。

 

剣道の八段審査がありましたが、合格者が1%未満でしたね。

 

終わりよし