第233話 雨あがる

出不精。
かじです、こんにちわ。

『雨あがる』
2000年公開 黒澤明の遺作

江戸時代の時代劇です。
この中に出てくる寺尾聰演じる三沢伊兵衛は無外流の使い手です。

内容は無外流とはあんまり関係ないですが、開祖 辻 月丹の弟子という設定です。

無外流の形かどうかわかりませんが、形らしいものが出て来ます。

 

『刀は人を斬るものではなく、愚かな自分の心をを斬り捨てるために使うものです』

 

人を押しのけて席を奪う事ができないやさしさがあります。

 

物語では雨があがったころから人生が開けて来ます。

梅雨が終わる頃、あらたな自分が見えてくるといいですね。

 

終わり良し