第162話 居合道大会

神奈川県居合道大会がありました。
一応出場いたしました。

はい、1回戦で3-0で負けて参りました。

とりあえず私の反省などは置いておき、大会の様子などを。

居合道の大会は、一人の対戦相手と演武を競うわけです。
3人の審判員が判定し、多くの旗が上がった方が勝ちです。

判断基準は私は良くわかりません。まだ低段位ですので。
正確に演武しているか、技の切れ、間などなんでしょうね。

結果はやはり上手な人が勝ち上がるわけです。

ちなみに過去3,4回出場していますが、入賞経験などございません。。。。

年を重ねるごとに競い合うことに興味が無くなってきました。
入賞したいですけどね。

過去、入賞しても審査で受からない方が居ました。
理屈は付けられるのですが、もやっとした気持ちがありました。

モチベーションの維持として、何かの区切りとしてこれからも出場して行きたいと思います。

終わり悪し

 

第161話 復活から1年

復活コラムから1年が経過しました。
かじです、こんにちわ。

管理者コラム、1年間で約60話、個人的には頑張ったと思っております。

小学校のころ、事あるごとに作文って書かされませんでしたか?
運動会、文化祭、遠足・・・、行事は楽しくとも必ずその後に感想文として作文を書いた記憶があります。

社会人になっても同様で、研修などを行えば所感、レポートなどを書かされます。

どうです?嫌な思い出でも思いだしましたか??

以前、コラムの内容を募集したことがあります。
そうすると、主題だけが集まります。早い話が「この話を書いてね」みたいなリクエストなわけです。
刀の話・剣豪の話・流派の話・・・・一段掘り下げればネタはいくらでもあるように思うのでしょうね。
問題はそこから先の話なわけで、こちらとしては、コラムを代わりに書いて欲しいわけで。。。

思い入れが無い文は取扱説明書のようで相手の心に届かない。

まあ、開き直った分、気楽になりましたけどね。

このコラム、世間一般に公開されていて、コメントも返せるわけでして思いのほか気を遣う部分もあります。
言いたい事をはっきりと書きたい気持ちもあれば、批判などを書くと問題になるというジレンマがあります。

なるべく多くの人に、難しく考えないで読んでもらいたい。
率直な感想を持ってもらいたい。
そう思って書いております。

私の趣味の備忘録として、思いの丈のはけ口として、そしてこのサイトの発展のために書いて行きます。

終わり良し