第156話 さん付けで呼ぶ

信じることは簡単。疑いつつも信じるのが難しい。
かじです、こんにちわ。

職業柄か、受け持っている生徒の授業参観にはできるだけ顔を出します。
小学生の授業参観に行った時のこと、廊下に決まり事のような張り紙がしてありました。

「ともだちはさんづけでよびましょう」

と書いてありました。
他にもいろいろ書いてましたが、これしか覚えていません。

意図するところを聞いていないので憶測でしか物を言えませんが、みなさんの反応はどうですか?
違和感を覚える私は今後の世の中でマイノリティとなるのでしょうか。

私は子供たちを「さん」付けで呼びません。
かといって男性を「君」、女性を「さん」とも呼びません。
下の名前を呼び捨てかニックネームで呼びます。
大概は友達同士で呼び合っている名前で呼びます。

この事についての賛否はあると思いますけど基本的に変える気はありません。

個人の尊重とか、丁寧な言葉で話す事を目的にしていると勝手に思っておりますが、その目的は達成されているのでしょうか?

この学校、学校長が「この学校にはいじめがありません」と断言していたことも覚えています。

いじめが無い学校。。。本当ならすごいことです。教育方法を教えて頂きたいです。
その前に、いじめの定義を教えてもらいたいですけどね。

教育方法に答えは無く試行錯誤の繰り返しではあると思います。
小学生のうちに教育しすぎるのもどうでしょう。

小学校は人の基礎を作る段階です。
ここでの教育、このままでいいのでしょうか。

終わり悪し

 

第155話 武相卯歳開扉観音菩薩

亀の歩みなのか、遅いだけなのか。
かじです、こんにちわ。

日曜日に近くの桜並木を車で通りました。
この日ばかりはゆっくり走っても警笛鳴らされません。

桜色というと薄いピンクですよね?
潔い桜の花ですが、当たり前ですが花が散ったら終わりではありません。
緑の葉が生い茂り、秋には葉が落ち実りを迎えます。

町田街道沿いに福生寺というお寺があり、その近くに2本の枝垂れ桜があります。
結構な大きさで、毎年見に行きます。
根元に物置とか置かれてたり、車が止まったりとぞんざいに扱われているんですが立派なので通り掛かりにでも見てはいかがでしょうか。

ふとお寺の方を見ると赤い旗が立っていました。

このお寺にある観音堂は武相卯歳観音霊場四十八ヶ所の1つ(28、29番)で今年が卯歳開扉とのことでした。
卯年にしかこの観音堂は開くことが無く檀家でも卯年にしか見ることができません。

じっくり見ているとかなりご高齢な女性が中へ案内してくださり、説明してくれました。
この方、敏腕営業マンで御朱印を28番と29番両方買う事になりました。(1枚300円)

観音堂には十一面観音菩薩(28番)が1体とその後ろに観音菩薩(29番)、脇侍として月光菩薩と日光菩薩が安置されています。
(堂内撮影禁止)

十一面観音菩薩は金箔が施されていて高さが50センチぐらいでしょうか。
遠目から見ると十一面観音菩薩が光っているので十一面観音菩薩しか見えません。
近寄ると観音菩薩と脇侍が見えます。
観音菩薩と月光菩薩、日光菩薩は木目がそのまま見えており、観音菩薩は1mちょっとと大きいです。
脇侍は50センチぐらいです。

月光菩薩と日光菩薩は薬師如来の脇侍である場合がほとんどだと思われますがどうなんでしょう。
私にはちょっと驚きでした。

近くの墓地にはこの度の震災の慰霊として祈念されていました。

次の卯年開扉にもあの営業マンがご健在であることを願う。

終わり良し

 

第154話 言動

口先だけの想いは要らない。
かじです、こんにちわ。

とある有名人が歯に衣着せぬ物言いで称賛されているようです。
何を言ったかは申し上げませんが、私は良くこの人と同じことを言ってるって言われます。
別にこの人の言葉を借りてるわけじゃ無いんですがね。思考が似ているんでしょうか。

好感持てる人が言えば耳の痛い話も説法になります。
悪人が言えば何を言っても非難されます。政治家みたいですね。

言いたい事を言える位置に居るというのがうらやましいです。
批判するのは簡単なんです。
高尚な理想や夢を語るのも簡単。

態度や行動に表すのが難しい。
かと言って発言しなければ問題提起もされないと困りものですけどね。

若い子に、「あの人は器がでかいですよ、こんな夢もってて。」
という話を時々聞きます。
私は、「その人、その夢に向かって何してるの?」
と聞きます。

少しずつ話していくうちに、夢は語るだけじゃ意味が無いんだという事に気づくみたいです。

立派な夢を持って語っても、その夢に向かって何か具体的な事をしていなければ、その辺の人と何も変わりません。
語るか否かではなく、行動しているか否かで人が分かると思います。

偉い人が
「少年よ大志を抱け」と英語で言いました。

私のオヤジが
「少年よ大志を抱けなんて誰でも言えることだ」と言いました。

少なからず若い私には偉い人よりもオヤジの言葉の方が強烈な印象を受けました

私にも言いたい事あります。
ですが今の私には、人に言えるほどの成果は出ていません。

桜舞い散る中、潔さよりも粘り強さを身につけたい。

終わり良し。