第146話 庚申塔

めげません。
かじです、こんにちわ。

庚申塔(こうしんとう)というのをご存じでしょうか。
おそらく見たことはあると思います。

見た目は道祖神などの石像で、字が書いてあったり猿だったりとさまざまです。

koushin
三猿の上に青面金剛っぽいです

庚申塔とは、庚申信仰からくるもので、Wikiによると庚申信仰(こうしんしんこう)とは、中国道教の説く「三尸説(さんしせつ)」をもとに、仏教、特に密教・神道・修験道・呪術的な医学や、日本の民間のさまざまな信仰や習俗などが複雑に絡み合った俗信仰だといえるようです。
教祖、教義、経典などが無いのでまったく得体のしれないもののように思います。

詳しく記載するときりがないんですが、庚申(かのえさる、こうしん)とは、干支の一つでいわゆる猿です。
ですので、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿や神道の猿田彦神が庚申塔として彫られることが多いです。
その他、かなりいろんな神仏が庚申塔として彫られていますが、青面金剛が主尊とされているらしく上記の猿と猿田彦・青面金剛が3本柱だと思います。
あとは文字だけや天然石だけとかもあるようです。
なぜ青面金剛なのかは良く分からないらしいです。諸説あるようですが決定打は無いんじゃないでしょうか。
誰か詳しい人います?

ちなみに青面金剛は仏教世界では『天』の部類です。

この庚申塔、日本の庚申信仰の起源は平安時代ぐらいからですが、江戸時代に相模国を中心に流行ったらしく、ほど近い町田周辺も多くの庚申塔が残されています。

かなり地域密着型なので造りは粗末になってきて儀式なども結構緩かったといいますか、まあ、あれなようです。
時代の変遷にともない、草むらに埋もれていたり盗難にあったり区画整理で移動(単に退かした?)されたりしています。

大きさが手ごろな野外の石仏は多く盗難に遭います。
しかし現代でもきちんと復建されることもあります。
地域に根付いた信仰が残るギリギリの世代なのではないでしょうか。

私は信仰心など全くもってありませんが、昔から多くの人が祈ったその祈りを大事にしたいと思います。

 

第145話 小野神社の梵鐘?

「ペンは剣より強し」って、正義を疑わず血を流して戦うことよりも、言論の自由で守られた誹謗中傷・偏った報道による言葉の暴力の方が強いってことですよね?○日新聞さん?

町田は鎌倉街道が通っていますが、鎌倉街道にまつわる話は戦の話が多いです。
(鎌倉に通じている道は大体鎌倉街道ってことになってます)
井手の沢の戦いという新田義貞と北条軍が衝突した戦いがありました。今の天満宮あたりだそうです。
成瀬にはその際に新田義貞が馬を休め鞍を掛けたという『鞍掛けの松』という伝承があり、今は再現されています。

逗子に海宝院という名の寺があり、ここに古い梵鐘が現存しています。
「武蔵国小山田保小野路県小野大明神宮鐘」
という文字が記載されているそうです。
これは町田市小野路町にある小野神社にあった鐘のようで、「文明」の時代(応仁の乱の最中だと思います)に戦の合図に使うために鎌倉まで持ってきたそうです。
その後の時代に徳川家康が入手し、家臣に与えられ、その家臣が海宝院を建立したということです。

小野神社ではこの鐘は時刻を知らせるために使われていたそうです。
この鐘、梵鐘というのかどうかわかりませんが、奇妙なつながりがあるもんですね。

調べものに時間がかかりました。
日々更新って難しいですね。

 

第144話 建国記念の日

雪月花
かじです、こんにちわ。

今日は建国記念の日です。
初代天皇・神武天皇が即位した日とされています。

大学受験の時に、友人にテストしたことがあって初代天皇は誰か?と聞いたら
「欽明天皇」
と、とある塾講師が暗記に使っている最初の天皇の名前を言ったのを覚えてます。
大学受験を目前として、厳しい状況だということを彼は悟りました。

神武天皇は熊野の八咫烏に先導されて東を征服していきました。
まだ日本は統一されていなかったんですね。
この人、127歳まで生きたそうです。(諸説あり)

あまり興味が無いのと、議論がある人なので詳しくは述べないようにしておきます。

奈良県にある橿原(かしはら)神宮というのが神武天皇陵として伝承されています。
皇居がここにあったらしいです。

なんだか祝日にするには弱い気もしますが、休みというのはいいですね。

今日の雪、子供は喜び、大人は静まり。
雪の美しさは犠牲の上にあります。

 

第143話 世代

希望と失望とは表裏一体。
かじです、こんにちわ。

みなさんは小中学校の体育の授業って好きでしたか?
私は嫌いでした。あまり聞かないでください。

近所の小学校の学校便りをもらったのですが、たまたま目を止めてみると興味深い事が書いてありました。

副校長が書いた記事でしたが、この方、子供のころに流行したアニメが『巨人の星』「あしたのジョー」』などいわゆるスポ根アニメだそうです。

子供の体力低下を研究していて、体育の授業のあり方も随分と変わったようで、特に持久走などは今では『無理の無い速さで』走るように学習指導要領に書かれているそうです。

この時点で何が言いたいかが分かる人はもう昭和世代です。
私が学生のころは限界と思うぐらい走ったもので、子供のころにやってた剣道では水も飲ませてもらえませんでした。
今こんな教育したら熱中症の危険性などがあるので怒られてしまいます。

精神面を鍛えるのが体育の目的ではないので変わりゆくべきものかもしれませんが、別な形で『根性』というのでしょうか、忍耐力を付けなければいけない気がします。

鉄は鍛えなければ硬くなりません。
しかしまた火に入れれば鍛え直せます。
精神と刀、折れず曲がらずに行きたいものです。

みなさんの心は日本刀と同じですか?

 

第142話 北方領土の日

人には覚えることを強要し、私は忘れます。
かじです、こんにちわ。

最近北方領土問題がニュースでちらほら聞きます。
昨日って北方領土の日だったんですね。お恥ずかしい。

子供のころにテレビCMで北方領土のCMがあったのを覚えています。
あの頃からほとんど進展が無いように見えるこの問題、解決するのでしょうか。

【北方領土問題】
北方領土は択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島のことです。
これら北方四島は、1945年にソ連に不法占拠され、ソ連が崩壊してロシアとなった現在もその状態が続いています。

不法占拠ってことが重要ですね。
領土問題が結構ありますけど、こうも敗戦国って弱いものなのか。
どうにかしてほしいものです。

どこかのサイトに北海道と沖縄、住むならどっちがいいかというアンケートがありました。
私は寒いのが苦手なので沖縄の圧勝かと思いきや
6:4で沖縄という程度でした。

北海道の弱点は寒いということが強烈に印象がありますが
沖縄の弱点といいますかあまり気付かなかったのが、虫や小動物で結構困ることがあるとか。
いろんな人の意見を聞いてみると、北海道も悪くないなと思ったりしました。

北海道には随分行ったことがあるのですが、沖縄には一度も行ったことがありません。

住めば都とは、諦めか順応か。あなたの居場所は「みやこ」ですか?

 

第141話 浄土

風邪が治らない年になりました。
かじです、こんにちわ。

地獄ときたら極楽浄土ですね。
Google兄さんも大した成果物が無いようでした。

真・善・美の極まった世界で、仏の世界ということみたいです。
仏とは如来で、如来毎にそれぞれ浄土が存在します。

私たちが行くであろう浄土は、阿弥陀如来の浄土で西方極楽浄土というものです。
西の国ってよく言うのはここを指しているんでしょうね。

西方十万億土(十万億の仏が住む国を過ぎたところ)のかなたにあるとのことです。

とりあえず安泰なところなので、みなさんどんなところか想像するもの面倒だったんじゃないですかね。
地獄のように想像図があまり無いですし、具体的な記載があまり無い。

西遊記に出てくる天界とはまた違ったところのようですし。

お寺なども外門の内側を浄土という具合に見るようです。

門をくぐる時、またがるように段差になっている石の部分があると思います。
あれ、踏んではいけないようです。なぜかは知りません。
畳の縁も踏んではいけません。左足からまたぎます。

話それましたがこの辺で終わりです。

幸より不幸の方が興味がある。そういうものでしょう。
縁を踏んではいけないのならば、どちらに足を踏み入れるべきか、道祖神にでも聞いてみますか。

 

第140話 仏教の地獄 No2

前ページの140話の続きです。
前ページをご覧になってからこちらをご覧ください。

※残虐な宗教画が書かれています。ご注意ください。

31
ヒョウ柄のパンツはやっぱりヒョウをひんむいたんですかね。

32
機械的な刑がでてきました。

33
やっと出てきた赤鬼。

34
この世でもありそうです。

35
聖帝十字陵でもつくってるんですかね?

36
一人ひとりやるのめんどくさくないんでしょうか。

37
あれ?裁かれてその場で処刑?

38
一ツ胴

39
悪趣味ですね。

40
地味ですが痛そうです。

41
手作業ですね、みんな。

42
解体業の方でしょう。

43
一人ひとりああやって刺していくのはつかれますよね。

44
本格的ですね。車を与えられてます。

45
だったらさっきのように針山に刺せばと思うんですが。。。

46
また似たのを。

47
ニッチな刑ですね。

48
観光旅行

49
後ろの人たちもえげつないです

50
青:おまえあっちな
赤:りょーかーい

51
メテオストライク

52
罪人にもスーツを。

53
逃げ切れば勝ちでしょうか。

54
地獄っぽいです。

56
切れる刀なら痛くないです。

57
トラぐらいパンチでぶっとばしますよ。たぶん。

58
牛は大人しくしていれば襲って来ません。安心してください。

59
みんな一緒です。

60
これまた地味だ。

鬼も大変ですよね。肉体労働ですもん。
しかもみんな手作業みたいですし。

法界平等ってどんな意味なんでしょう。
仏と鬼も平等ってことじゃないんですか?
ホワイトカラーとブルーカラー(レッドとイエローもいた?)みたいな。

どこへ行っても上下関係からは切り離せないようです。

 

第140話 仏教の地獄

記憶力に自信があったのは10年前までです。
かじです、こんにちわ。

(宗教画がありますが、残酷な絵のためご注意ください。)

閻魔様ときたら、つぎは地獄です。
会員の皆様は行きそうもありませんが、私は一歩間違えれば引導渡されそうです。

地獄は十界(じっかい)とよばれる世界観の最下層に位置する場所です。

【十界】(細かいことはGoogle先輩に聞いてください)
仏界
菩薩界
縁覚界(えんがく)
声聞界(しょうもん)
天界
人界
修羅界
畜生界
餓鬼界
地獄界

とりあえず、とんでもなく悪い事をすると前述の四十九日でも拾われず七回忌でも救われず地獄行きということになります。

●どこにあるか
地下4万由旬(ゆじゅん)以降だそうです。
1由旬=約7kmとして280,000km以上地下ということになります。

●地獄の種類
無間地獄を最下層とし、その上に大焦熱・焦熱・大叫喚・叫喚・衆合・黒縄・等活の各地獄が層をなしています。
これらを八大地獄といいます。

各地獄の周りに小さい地獄がたくさんあるようですが、諸説あったのでこの辺でやめます。

各地獄はそれぞれに受刑期間が決まっていて、10兆年~無限に近い年数まであります。

●どんなことをするの?
地獄の種類によって受刑者の刑務は変わりますが、概ねとてつもない拷問を受けて死んでは生き返されの繰り返しのようです。

しかしまあ、贖罪のためにしているんでしょうが、この地獄で償った記憶がなければ意味がないと思いますよね。
修行とか言われますが修行した記憶がなければなんら意味をなさないわけで。

ネット上に宗教画があったので載せておきます。
著作権は大丈夫だと思います。多くあったもので著作権表示もありませんでした。
現代画家のようです。

01
お灸のようにも見えなくもないですが・・・

大変和やかです。

絵柄が中国っぽいのはそっちの文化から来たからです。

04
普通の生活をしているようです。

05
団体様がお入りのようで。

06
お化け屋敷の店員と客みたいな。

07
ようこそ。地獄へ。

08
弁護士はいなさそうですね。

09
どこもかしこも火が焚かれていて大変あたたかそうです。

10
どうやら諭されているようです。

11
洞窟観光でしょうか。

12
外国人観光客みたいですが、そんなに悪い人にはみえませんね。

13
ロザリオもってますけど、破廉恥なあの牧師ですかね?

14
下っ端の僧は事務仕事です。

15
事務仕事も肩がこりそうですね。

16
ちゃんと体を支えてくれるんですね。

17
熱そうなのに律儀に手をはなしません。

18
スターの牛頭と馬頭です。

19
料理でもしているんでしょうか。

20
オーソドックスな刑ですね。

21
いつか慣れそうな痛さかも

22
地味に痛そうですね。

23
なんか鬼っぽくないですね。人材不足でしょうか。

24
肉屋でしょうか。犬を飼うのは衛生的じゃないですね。

25
こっちはなんだか寒そうですね。
寒暖自由自在。

26
セレブの刑務所慰問です。

27
青い方たちの働きぶりはめざましいですね。

あまり辛くなさそうに見えるんですが。。。

29
似た画像みましたね

30
めんどくさい事してますよね。

 

第139話 閻魔王

底だと思った時、さらに底があります。
当然その底に落ちていきます。
かじです、こんにちわ。

葬儀に続いて冥界の王、閻魔で行きます。

もともとヒンドゥー教の神で地獄の神だったのが仏教に融合されて閻魔となり日本に伝わったらしいです。
仏教の階級的には『天』に位置しています。

『天』は帝釈天とか大黒天とかの天です。もともとあった土着の信仰を仏教が取り入れて『天』や『神』とし、菩薩や仏の化身とされたりもしています。
この人たち、三宝といって仏・法(仏法)・僧を守護する役割があります。なので護法善神とか諸天善神とか言われます。
会社で言うと部長あたりなんでしょうか。

で、閻魔様は地蔵菩薩の化身とされています。
地獄と極楽を行き来できる方なのです。
地獄から極楽浄土へ救い出す物語に地蔵菩薩が出てくるのはこのためでしょうね。

人が死ぬと閻魔様の前に引き摺り出されて審判されて地獄か極楽かが決まるとかなり端折っていわれますが、もうちょっと順番があります。
四十九日というのは聞いたことがあると思います。葬式になると初七日法要というのも耳にします。
要は7日ごとに審判されるわけです。
以下の十王が順番に審判し、刑が執行されるということです。
閻魔様は五七日=35日目、5番目ということです。
ですからまだあきらめなくても大丈夫です。

秦広王 不動明王 初七日(7日目・6日後)
初江王 釈迦如来 二七日(14日目・13日後)
宋帝王 文殊菩薩 三七日(21日目・20日後)
五官王 普賢菩薩 四七日(28日目・27日後)
閻魔王 地蔵菩薩 五七日(35日目・34日後)
変成王 弥勒菩薩 六七日(42日目・41日後)
泰山王 薬師如来 七七日(49日目・48日後)
平等王 観音菩薩 百か日(100日目・99日後)
都市王 勢至菩薩 一周忌(2年目・1年後)
五道転輪王 阿弥陀如来 三回忌(3年目・2年後)

しかし、いつも四十九日まで審判するわけではなく、決定的に悪い奴または善人と決まれば閻魔様あたりで終わります。
この死者の行方が決まるのを「引導」と呼ぶらしいです。当然、引導を渡すの語源ということです。(Wiki)

地獄の沙汰も金次第。
遺族による追善供養も救われる要因らしいです。
お金、少しは残してあげた方がよさそうですね。

 

第138話 葬儀

それでも明日は来ますから。
かじです、こんにちわ。

風邪をこじらせて治りません。

年を取るごとに葬式に出ることも多くなります。
結婚式もそうですが。

日本の葬儀の9割が仏教の葬儀が行われているようです。
私も参加した葬儀はすべて仏教でした。

葬儀になると、いろいろ分からなくなるのがマナーとか風習だと思います。
今の葬儀と昔の葬儀の違いはあまり無いらしく、喪服と葬列が違うぐらいだそうです。
都市部よりも郊外、田舎の方が変化が少ないと思われます。

葬儀には、死者が再び帰ってこないようにするまじないのような習慣があります。
逆に2歳未満などの子供は葬儀を行わないで死者の霊が再び帰ってくるようにするようです。

昇る朝日と沈む夕日、どちらに引き寄せられているんでしょうか。