第116話 間合い

未だに人との距離がつかめません。
かじです、こんにちわ

剣道では間合い(距離)を計ることが大事です。
居合は相手がいないので間合いというのが分かりづらいです。
なので組太刀などで間合いの稽古をします。

一足一刀の間合い(居合用語辞典参照)が基本ですが、その距離って居合でも同じでしょうか?
居合は鞘の内なので間合いは近いと思われます。

実は今回は剣道の話ではなく、パーソナルスペースの話です。
パーソナルスペースとは、人が近寄ってくると不快になる距離、いわゆる縄張り意識的な距離のことです。

心理学などでよく使われる言葉で、以下の4つに分類されています。
1)密接距離…ごく親しい人に許される空間
45センチ以内ぐらい
2)個体距離…相手の表情が読み取れる空間
120センチ以内ぐらい
3)社会距離…相手に手は届きづらいが、容易に会話ができる空間
350センチ以内ぐらい
4)公共距離…複数の相手が見渡せる空間
700センチ以内ぐらい

親しい人ほど距離が近くても不快に思わないわけです。

いつものことですが詳しいことはGoogle兄さんに聞いてください。

この距離・・・・間合。

前回、ネットの話を書きましたが、心にもパーソナルスペース、あるんじゃないですか。
ネットで心の距離、近くなった思って実際会ってみると、なんか咬み合わなかったり。
人との間合って、新密度、視線、表情、気迫?、いろんなのが合わさってるわけですよね。

貪るようにネットで言葉を交わしても、一度見て話すことに及びません。
この荒んだネット社会、うまく使っていかないといけませんね。

 

第115話 ネット

メールを送るって言われて来るのが大体2割ぐらい。
世の中そんなもんです。かじです、こんにちわ。

読者のみなさんは当然インターネットを使用しているわけですが、いつごろから始めましたか?
私はWindows95が出る少し前、なので15,6年前からだと思います。

当時はパソコン通信のシェアが結構大きく、まだまだインターネットは一部のユーザーだけのものでした。
今ではパソコン通信という言葉も知らない方がいらっしゃるのではないでしょうか。
インフラ環境も劣悪で、ちょっと遊んだだけで通信料が数万円とか取られましたよ。

大変便利なインターネット、ですがさまざまな問題がありますよね。
・ウィルス
・詐欺(架空請求とか)
・違法サイト
・個人情報流出
・オフラインでのトラブル(オフ会とか)

この問題、最近の出来事ではありません。
私が始めたころからありました。

このあまたある問題のなかで、以前にはあまり無く、対処が難しいものがあります。
未成年が絡む問題です。

親が私より少し年上程度ですので、業界の人でない限りネットの知識は子供以下の事も多いです。
なので子供が何をしているかもわかりませんし、対処もできません。

ネットでは対人関係が画面の向こうです。
面と向かって言えなくてもネットではどんどん言う人が何十倍も増えます。
なので人見知りする人でもネットで、ある程度人間関係を作ってからリアルなその人に会うことができます。

問題が起きるのは明白ですね。
相手がかなり年上だったりしたら翻弄されること間違いなし。
それだけならまだしも騙されたら話になりません。

Yahooのニュースでのコメントを見てると、結構偏った意見といいますか批判が多いですが、これってネットだと何でも言う人の典型なんじゃないでしょうか。
見ているだけで世知辛い世の中のような気になってきますが、一部の人たちの言う事なので気にすることはありません。

ネットから得る情報というのは確かだという保証は無く(一部除)、受け取る側が判断しなければなりません。
未成年に自分で判断しろというのは無理というもの。
じゃあどうするか。。。。
周りが気づいてあげてサポートするしかないですね。

まぁ、ネットは一度でかい失敗しないと反省しないもんです。

ということで、ネットでのトラブルのご相談受け付けます。

 

第114話 鹿沼公園

自分の身は自分で守る。
かじです、こんにちわ。

相模原の伝承を眺めてたら、「でいらぼっち」という単語を目にしました。
みなさんはどう認識されてますか?
・でいらぼっち
・だいだらぼっち
・でいだらぼっち

とりあえずみんな同じもんです。巨人です。

で、相模原に何の関係があるかといいますと

鹿沼公園

ここが関係ありまして、ここは昔湿地帯でして、簡単に言うとでいらぼっちが富士山を持ち上げようとしてできた沼だそうです。
詳しい話は割愛(いつもすみませんねぇ)

??こんな話、どっか他でも聞いたことあるなぁ。いったいいくつ足跡あるんだよ、でいだらぼっちさん。

■何かした跡
1.上州の赤城山に腰掛けて踏ん張ったときに窪んで出来た足跡が水たまりになった。木部の赤沼がそれである。
たぶん群馬ですかね。Google兄さんに教えてもらうと、Wikiのコピペらしきものがたくさんあります。「木部の赤沼」で検索してみてください。
どっちがコピペだかはわかりませんが。
2.長野県大町市北部の青木湖、中綱湖、木崎湖の仁科三湖
3.茨城県水戸市中央部の千波湖
4.浜名湖
5.東京都世田谷区にある地名「代田」(だいた)やさいたま市の「太田窪」(だいたくぼ)
6.静岡市のだいらぼう山頂に全長150mほどの窪み
7.相模原の鹿沼
8.飯野山(香川県中部)に足をかけた際に山頂付近に足跡が付いた。
9.愛知県東海市、加木屋町陀々法師(だだほうし)という地名(現在はその形跡ない)
10.甲府盆地
11.榛名湖
12.前掛山

結構仕事してますね。
この調子だと地球には住めなさそうですね。

今年の夏が終わりそうです。

 

第113話 三羽ガラス

聞こえのいい話に感動して騙されてませんか?
かじです、こんにちわ。

110話で書いた道祖神の烏天狗ですが、せっかくなんで成瀬にある3体全部撮ってきました。

○1体目
成瀬クリーンセンター横
東京都町田市南成瀬8丁目11−1ら辺です。
tengu1

○2体目
都道140号 山村バス停付近
新谷工業所の道路向かいの道を登っていくと右手に稲荷社が見えます。
その横にあります。
tengu2
分かりづらいです。
町田市立南第二小学校でまず検索すると分かりやすいかも。
南二小前の信号を町田方面へ行き、新谷工業所を左手に見て右折。

○3体目
東京都町田市南成瀬4丁目19−19ら辺
西山児童公園内にひっそりとあります。
tengu3
公園といってもただの空き地みたいでうっそうとしてます。

クリーンセンター横の烏天狗が一番まともに扱われていて、他はかわいそうなぐらいです。

年代はどれも19世紀半ばだと思います。
現代になって多少基礎部分を作り直したりしてそうです。

分かり辛かったら聞いてください。
誰も行かないって?

第112話 相模原 慰霊塔

間が悪いことが重なります。
かじです、こんばんわ。

終戦に間に合いませんでしたが、戦争についてです。

相模原の16号沿いに、こもれびの森というのがあります。
結構な広さで、何があるわけでもない雑木林です。
くぬぎやコナラなどの木がありまして、カブトムシを探しに行きました。

カブトムシはどうでもいいんですが、その森の隣にこれもまた結構な広さの場所があります。

ireito
「慰霊塔」

です。

この塔自体には何かが書いているわけでもないんですが、周りにいろいろなものがあるので、これが何かがわかります。
太平洋戦争の犠牲者を合祀した慰霊塔です。

この地には陸軍の施設があり、当時陸軍がここに忠霊塔を建てました。
毎年1回慰霊祭が行われているそうです。

この太平洋戦争、日本の犠牲者は210万人ほどだそうで、とんでもない数の犠牲者です。
日本本土での犠牲者が10数万人、あとは海外の戦場で亡くなったようです。

私は自衛隊員のころ、自衛隊員として靖国神社を参拝したんですが、そのときに元海軍の方がいらして、話を聞いたのを覚えています。
その方は同じ沈んだ船に乗っていた戦没者の慰霊のために参拝していました。

最近靖国神社参拝の問題が取り沙汰されていますが、なんでこうもまた何十年も問題を引きずるんでしょうか。
問題に対する見解などはここでは申し上げません。
年に1度ぐらいはみなさんも考えてみてはいかがでしょうか。

 

第111話 宴会の1杯目

人ありきです。
かじです、こんばんわ。

こんなに短い夏季休業は久しぶりです。
誰かを飲みに誘うのをやめました。

みなさんは宴会で最初に何を飲みますか?
やっぱりとりあえずビールでしょうか。

宴席で
「最初はみんなでビールを飲むものだ」
「昔はビール以外なんてありえなかった」
などという話を時々聞きます。

私もそう若くはないので昔はやっぱりビールでした。
もっとも若いころは酒の味なんてそんなにわからなかったです。

でもちょっと待ってください。
昔はっていう昔は団塊世代の若いころであって
そもそもビールって外国のもんです。
昭和の中ごろまでは清酒が1位を占めていたのでビールが当たり前の人たちが若かりしころの先輩は清酒を飲んでいたのではないですか?

その辺はわかりませんが、最初の1杯目にビールを強要?されるってことは無かったんじゃないでしょうか。

私は蒸留している酒じゃないとあまり体に合わないようで、焼酎とかウィスキーが好きです。
なぜか日本酒をもらうことが多いんですけどね。(普通に飲みますけど)

ちなみに山崎(12年以上)が好きです。よろしく。

 

第110話 道祖神

いったい誰が本当に悪いのか。
かじです、こんばんわ。

今年の初めに聖地巡礼として熊野三山に行きましたが、熊野神社というのは日本全国にあります。
熊野神社といえば八咫烏神社、八咫烏が有名です。
みなさんもご存じの通り、サッカーのシンボルマーク、3本足の烏です。

tengu1
右手にうちわ、左手に経典でしょうか、地面についてるんで錫杖とも思ったんですがたぶん巻物(経典)ですかね。

この烏、町田近辺ではめずらしいものがありまして、道祖神で天狗童子(烏天狗)のものがあります。
熊野は修験道道場の地ですので、修験道者とのかかわりの中から生まれたものだと思われます。

一般的な道祖神は文字であったり、男女双体のものが多く烏天狗というのはあまり無いです。
集落の境界や分かれ道などに立っていて交通安全、村の繁栄、外からの魔除などのために作られています。

道祖神って正直あんまり良く分からない方が多いのではないでしょうか。
私もあまりよく分かりません。
ですが地域の人に大切にされていますよね。
これからもそれは変わらないと思います。


天狗のルーツが外国人であるという根拠はありません。
旧約聖書のトーラー(トーラーロール)が虎の巻の語源だとかゴロ合わせでめちゃくちゃな事言ってるテレビ番組ありましたが。。。

鬼や天狗が外国人ってのは確たる証拠が無いのでああいった類の情報は興味本位だけにしておいて、信じてはいけません。