第25話 名前

公私共に忙しく何にもできません。
かじです、こんにちわ。

一生懸命と一所懸命、多くの人がご存知だとは思いますが、もともと一所懸命でした。
武士は自分が拝領した土地、開墾して開発領主となった土地を子々孫々と命をかけて守り伝えていきました。

そしてその土地の名前を苗字としたわけです。

足利尊氏
新田義貞
脇屋義介(新田義貞の弟)

と、実の兄弟でも苗字が違うのは住んだ土地が違うからです。脇屋は脇屋に住んだから脇屋なのです。

でもこれって正式名称ではありません。

足利尊氏だと、源氏の姓を持っているので源尊氏(みなもとのたかうじ)です。
源朝臣尊氏とかに書簡に書かれています。
尊氏は源氏なので征夷大将軍という役職をもらいます。
北条は平氏なので征夷大将軍にはなれません。なので執権という役職になります。
豊臣秀吉は源氏でも平氏でもないのでどちらにもなりません。
関白太政大臣という貴族の最高位になりました。

一生働いても小さい土地しかかえません。
30坪の土地に名前つけたくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください