大典太

 

◆光世作(名物大典太) 

光世作 名物大典太

刃長:1尺7寸5分(66.1cm)
反り2.7cm

大典太は足利将軍家の家宝であったが、足利家の没落により流出し豊臣秀吉の所有となった。
その後、豊臣秀吉から前田利家に贈られたとも、豊臣秀吉が徳川家康に贈り、徳川秀忠から前田利家に譲られたとも伝えられる。
以降、前田家第一の家宝として代々伝えられた。

現在は前田家に伝わった文化財を保存・管理する「前田育徳会」が所蔵している。
江戸千住の小塚原で行われた試し切りにおいて、幕府の御様御用首斬り役山田浅右衛門吉睦が大典太で試し切りを行った際、積み重ねた死体の二体の胴体を切断し三体目の背骨で止まったという。(Wiki)