脇差(脇指)

 

読み方:わきざし
フルスペル:わきざし
分野:名詞

 

1. 長さ1尺(約30センチ)以上、2尺(約60センチ)未満の刀の事で、大刀が使えない時などに使用したと思われる。
江戸時代の武士はこの脇差と大刀(2尺以上の刀)の2本を装備した。

居合の稽古には通常、この脇差は使用しない。また、脇差を大刀の刃の短いバージョンとして使用する事も、柄も短くなるのでお勧めできない。