目貫

 

読み方:ぬき
フルスペル:めぬき
分野:名詞

 

1. 柄に付ける装飾品。
古くは柄の握り具合を良くする為、または柄の強度を上げるため等の説がある。
平安時代に目釘のような役割を果たしていた目貫が、時代につれて装飾的なものになったと言われている。
差し表と差し裏の二つで構成され、差し表が鍔の方、差し裏が縁側に配置される。