居合用語辞典 i-words

i-words 居合用語辞典
================

新刃銘尽(あらみめいづくし)
居合神社(いあいじんじゃ)
居合腰(いあいごし)
一眼二足三胆四力(いちがんにそくさんたんしりき)
一足一刀の間合(いっそくいっとうのまあい)
打太刀(うちたち)
遠山の目付(えんざんのめつけ)
演武(えんぶ)
送り足(おくりあし)
日本居合道連盟(にほんいあいどうれんめい)

================
介錯(かいしゃく)
刀(打刀)(かたな)
切っ先(鋩)(きっさき)
教士(きょうし)
栗形(くりがた)
稽古(けいこ)
警視流(けいしりゅう)
袈裟・袈裟切り(けさぎり)
下段の構え(げだんのかまえ)
鯉口(こいくち)
紅葉の目付(こうようのめつけ)
五行の構え(ごぎょうのかまえ)
小鎬(こしのぎ)
(こじり)
五常(ごじょう)
古流(こりゅう)
五倫(ごりん)
五倫五常(ごりんごじょう)

================
下げ緒(さげお)
鮫革(さめがわ)
(さや)
鞘離れ(さやばなれ)
鞘引き(さやびき)
鞘戻し(さやもどし)
残心(ざんしん)
仕太刀(したち)
(しのぎ)
鎬地(しのぎじ)
上段の構え(じょうだんのかまえ)
秋水(しゅうすい)
守破(しゅはり)
称号(しょうごう)
序破急(じょはきゅう)
水月(すいげつ)
正中線(せいちゅうせん)
摺り足(すりあし)
切羽(せっぱ)
蹲踞(そんきょ)

================
大日本居合道連盟
太刀(たち)
太刀筋(たちすじ)
たなごころ(掌)
丹田(たんでん)
中段の構え(ちゅうだんのかまえ)
血振り(ちぶり)
(つか)
柄巻(つかまき)
鍔(鐔)(つば)
手の内(てのうち)

================
(なかご)
茎尻(なかごじり)
日本居合道連盟(にほんいあいどうれんめい)
日本刀(にほんとう)
納刀(のうとう)
抜き打ち(ぬきうち)
抜き付け(ぬきつけ)

================
抜刀(ばっとう)
(はかま)
袴捌き(はかまさばき)
八相の構え(はっそうのかまえ)
はばき
刃文(はもん)
林崎甚助重信(はやしざきじんすけしげのぶ)
範士(はんし)
一重身(ひとえみ)
武徳殿(ぶとくでん)
不離五向(ふりごこう)
宝蔵院流槍術(ほうぞういんりゅうそうじゅつ)

================
弘和会HP
(みね)
模擬刀(もぎとう)
模造刀(もぞうとう)
夢想神伝流
無外流(むがいりゅう)
目付(めつけ)
目貫(めぬき)
目釘(めくぎ)
目釘孔(めくぎあな)
物打ち(ものうち)

================
鑢目(やすりめ)

================
錬士(れんし)

================
脇構え(わきがまえ)
脇差(わきざし)