太刀

 

読み方:たち
フルスペル:たち
分野:名詞

 

1. 日本刀のうち刃長が2尺(約60cm)以上で、刃を下向きにして下げ緒(太刀緒)を用いて腰から佩くものを言う。
一般的に平安時代以降のがあり、反りをもった日本刀を指し、刀(打刀)よりも大きいものをいい、太刀を使用していくうちに短くなったものを刀(打刀)という場合もある。