制定居合

制定居合(全日本剣道連盟居合)は、1969年(昭和44年)、居合道各流派の基本的な業や動作を総合し、剣道人のための居合道入門用の形(かた)として全日本剣道連盟(全剣連)が制定した居合道形で、全部で12本あります。 各流派の形は古流の形と言われます。
一本目 前
要義 対座している敵の殺気を感じ、機先を制して「こめかみ」に抜きつけ、さらに真っ向から切り下ろして勝つ。
着眼点
①抜きつけの時、充分に鞘引きをしているか。
②左の耳にそって、後ろを突く気持ちで振りかぶっているか。
③振りかぶった切っ先は、水平より下がっていないか。
④間を置くことなく切り下ろしているか。
⑤切り下ろした切っ先は、わずかに下がっているか。
⑥血振りの体勢は正しいか。
⑦正しく納刀しているか。
二本目 後
要義 背後に座っている敵に殺気を感じ、機先を制して「こめかみ」に抜きつけ、さらに真っ向から切り下ろして勝つ
着眼点
①刀を抜きながら向き直ると同時に、左足をやや左寄りに踏み込んでいるか。
②敵のこめかみに正しく抜きつけているか。
三本目 受け流し
要義 左横に座っていた敵が、突然、立って切り下ろしてくるのを「鎬」で受け流し、さらに袈裟に切り下ろして勝つ。
着眼点
①受け流しの体勢にて、上体をかばった姿勢になっているか。
②左足を右足後方に引き、袈裟切りになっているか。
③左こぶしはへそまえで止め、切っ先がわずかに下がっているか。
四本目 柄当て
要義 前後に座っている二人の敵の殺気を感じ、まず正面の敵の「水月」に柄頭を当て、続いて後ろの敵の「水月」を突き刺しさらに正面の敵を真っ向から切り下ろして勝つ。
着眼点
①柄頭が敵の水月に確実に当たっているか。
②後ろの敵に対し、左手は鯉口を握ったまま、絞り込むようにへそまえまで送り、右肘を伸ばして突いているか。
③前の敵に対しては、刀を抜きながら頭上に振りかぶり、真っ向から切り下ろしているか。
五本目 袈裟斬り
要義 前進中、前の敵が刀を振りかぶって切りかかろうとするのを逆袈裟に切り上げ、さらにかえす刀で袈裟に切り下ろして勝つ。
着眼点
①逆袈裟に切り上げたとき、刀を返した右こぶしは右肩の上方になっているか。
②左足を引きながら左手が鯉口を握ると同時に、刀を袈裟に血振りをしているか。
六本目 諸手突き
要義 前進中、前後3人の敵の殺気を感じ、まず正面の敵の右斜め面に抜き打ちし、さらに諸手で「水月」を突き刺す。次に後ろの敵を真っ向から切り下ろす。
続いて正面から来る他の敵を真っ向から切り下ろして勝つ。
着眼点
①敵の右斜め面を抜き打ちしたとき、あごまで切り下ろしているか。
②中段になりながら後ろ足を前足に送り込んで確実に水月を突き刺しているか。
③刀を抜きながら受け流しに振りかぶっているか。
七本目 三方切り
要義 前進中、正面と左右三方の敵の殺気を感じ、まず右の敵の頭上に抜き打ちし、次に左の敵を真っ向から切り下ろし、続いて正面の敵を真っ向から切り下ろして勝つ。
着眼点
①右の敵に抜き打ちしたとき、あごまで切り下ろしているか。
②左の敵に向き直り、間をおくことなく真っ向から切り下ろしているか。
③受け流しに振りかぶり、切り下ろした刀は水平になっているか。
八本目 顔面当て
要義 前進中、前後2人の敵の殺気を感じ、まず正面の敵の顔面に「柄当て」し、続いて後ろの敵の「水月」を突き刺し、さらに正面の敵を真っ向から切り下ろして勝つ。
着眼点
①柄頭で両眼の間を正しく突いているか。
②後ろの敵に対し、右こぶしを正しく右上腰にとっているか。
③後ろの敵に完全に向き、かかとをわずかに上げて突いているか。
④かぎ足で突いていないか。
九本目 添手突き
要義 前進中、左の敵の殺気を感じ、機先を制して右袈裟に抜き打ちし、さらに腹部を添え手突きで突き刺して勝つ。
着眼点
①右袈裟に抜き打ちしたとき、右こぶしはへその高さとなり、切っ先は右こぶしよりわずかに上がっているか。
②左手が刀身の中程を親指と人差指の間で確実にはさみ、右こぶしは右上腰に当てているか。
③腹部を突き刺したとき、右こぶしはへそまえで止まっているか。
④残心のとき、右肘が曲がったり、右こぶしが右乳より高くなったりしていないか。
十本目 四方切り
要義 前進中、四方の敵の殺気を感じ、機先を制してまず刀を抜こうとする右斜め前の敵の右こぶしに「柄当て」し、次に左斜め後ろの敵の「水月」を突き刺し、さらに右斜め前の敵続いて右斜め後ろの敵、そして左斜め前の敵をそれぞれ真っ向から切り下ろして勝つ。
着眼点
①柄当ての時、強く確実に柄の平で打っているか。
②鞘引きしたとき、物打付近の棟を左乳に当て、水月を確実に突き刺しているか。
③突いた時、左手は鯉口を握ったままへそまえに送り、左右のしぼり込みができているか。
④脇構えを取ってからではなく、脇構えになりながら振りかぶっているか。
十一本目 総切り
要義 前進中、前方の敵の殺気を感じ、機先を制してまず敵の左斜め面を、次に右肩を、さらに左胴を切り下ろし、続いて腰腹部を水平に切り、そして真っ向から切り下ろして勝つ。
着眼点
①刀を抜き上げたとき、受け流しに振りかぶっているか。
②切る時送り足になっているか。
十二本目 抜き打ち
要義 相対して直立している前方の敵が、突然、切りかかってくるのを刀を抜き上げながら退いて敵の刀に空を切らせ、さらに真っ向から切り下ろして勝つ。
着眼点
①刀を抜き上げた時、左足を十分に後方に引いているか。
②刀を抜き上げたときの右手の位置は正中線になっているか。