刃文

 

読み方:はもん
フルスペル:はもん
分野:名詞

 

1. 刀身の刃と鎬の間などにある波上の模様。製造過程で焼きの違いによっておきる境界線の模様である。
2. 代表的名刃文
直刃(すぐは):刃文の波が無い
互の目(ぐのめ):低い細かい波が続く
丁字(ちょうじ):丁子菊のように見える
のたれ(のたれ):直刃からゆっくりと穏やかに波がでたような傾向。
濤乱(とうらんば):波にうねりが出て来た感じ。
皆焼(ひたつらは):地鉄一面に飛焼が入り複雑